FXのドル円取引!!

FXでは取引する通貨ペアの組み合わせが重要!!

FXとは日本語で表現すると外国為替証拠金取引とよばれる金融取引の方法です。この金融取引では外国の通貨と他の通貨を売買してそこで生じる差益で利益を得ることが出来る取引方法なのです。
通貨の売買には為替レートとよばれる外貨の交換比率が存在します。この交換比率は常に上がったり下がったりと流動的で、一定に金額での取引はされていません。
この交換比率は世界経済の影響や、取引で売買する通貨を使っている国の政策や経済が大きく影響を与えます。
そして日本のFX取引をおこなう個人投資家にもっとも人気の高い通貨ペアはドル円の通過ペアです。
FX取引をされる通貨ペアの見方について簡単に説明をすると、表記は「ドル/円」となっていた場合には/で区切られた左側の通貨を買って、右側の通過を売ることを意味します。ですから、このドル/円の場合には円を売って、ドルを買ったということになります。

 

基本はこの用になっており、もしもドル/円を買ったと言った場合には円を売って、ドルを買ったことをあらわし。
ドル/円を売ったといえば、ドルを売って、円を買ったといった表現になります。
すこし面倒な言い回しになってしまいますが、これに慣れておかなければFXの初心者投資家によくあるミスで、取引をしていた通貨を間違って買ってしまった、もしくは間違えて売ってしまったというミスを無くすことが出来ます。
人気の通貨ペアであるドル円の売買が投資初心者にとって、もっともポピュラーな通貨ペアでもあります。投資を始めるときはドル円から初めてみてはいかがでしょうか。

 

外貨預金との違い

FXの取引方法を聞くと金融取引に関して知識を持っている人は、外貨預金との違いについて疑問を持つ人もいると思います。
また、外貨預金をするよりもFXのほうが楽だということも話を聞いたことがあるかもしれません。

 

外貨預金よりもFXが楽というのは少々間違った印象を受けてしまいますが、正しくは「早く取引と結果が出来るから楽」ということになるのではないでしょうか。

 

外貨預金の場合には、預金という言葉からわかるように、金利の高い国の銀行へお金を預けて金利を受け取るといった方法で利益を出します。
このため、金利を受け取るまでの期間お金を銀行に預ける必要があるので、年単位で取引を続けることが必要になります。それなのに、受け取ることが出来る金利は1年間に数回です。

 

その点FXの場合には、利益を出すことが出来るのは数分、または数秒で結果が出ることもあります。
このことからが長期なら外貨預金、短期ならFXと分けられて考えられるのです。

 

 

  • おすすめのリンク先

  • やさしい不動産投資ガイド
    難しそうに見えて、本当はそんなに難しくない。不動産投資について解説しています。

     

    FXで資産運用の新しい道
    FXで資産運用の新しい道を探すサイトです。取引に行き詰ったときに参考にしてください。